遺伝子検査は親である「あなた」の為の教育ツールです

伝子検査を受けていただくのはお子様です。しかし、その結果を観て、判断されるのは親御さんであるあなたです。つまり、この検査はお子様にとってではなく、あなたにとって必要なものであり、子育て、教育に関しての判断材料を増やす為のものです。

 

どもが生まれ、子育てが始まります。しかし、それまでの期間に「親になる為の教育」を受けてきた訳ではありません。誰もが自分の知っている範囲で、過去の経験や新たに得た情報などをベースに、子育てに試行錯誤しながら奮闘します。

 

去、私達親世代が受けてきた情報。それは20年、30年前の情報かもしれません。変化のスピードが過去に例のない速さで私たちを取り巻く現代、子供達が大人になる頃には、今信じられている教育制度は通用しない世の中になっているのかもしれません。

 

際、学校教育でこれまで重要視されてきたのは「暗記」の力です。漢字を覚える、英単語を覚える、数学の公式を覚える。暗記力にさえ優れていれば、今の教育制度の中では「優秀な」成績を治める事が出来たかもしれません。

 

面、現在私たちの身の回りにあるものに目を向けてみて下さい。一昔前だと辞書や百科事典を調べなければ分からなかった事が、一瞬で掌の上で検索する事が出来ます。スマホでGoogle検索をする。Wikipediaで詳細な情報を知る。暗記する、という事がこれほど無力になった時代は、これまで人類の歴史の中でもなかった事です。

 

すから、これからの時代とは、現在の教育制度の中での「優秀さ」というものが、それ程重要性を持たない時代だという事が言えます。それよりも、一人一人の「天才性」を伸ばし、つまり「長所」を活かして人の役に立つ、という事が現代社会において求められる重要な要素になってきます。

 

の遺伝子検査を通じて私たちがお伝えしたいのは、お子様の「天才性」を発見し、引き出す為の「判断材料」を、一つでも多く持っていただきたい、という事です。遺伝子検査で全ての事は分かりません。しかし、間違いなく判断材料は増えます。つまり、子育てを行う上で、あなたの「引き出し」が増える事を意味します。

 

非、お子様には様々な事を、出来るだけ多く経験させてあげていただきたいと願っています。そして、その際に、遺伝子検査の結果を一つの判断材料として、「この子は我慢強い子なんだなぁ」「こつこつとやる事が得意なんだな」「自由気ままに奔放にやる事が楽しいんだな」と、お子様の特性を再確認しながら、お一人お一人に合った対応をしていただければと思っております。

 

canstockphoto15810176

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MI理論を御存知ですか?

 

MI理論とは、ハーバード大学のハワード・ガートナー教授が提唱している、Multiple Intelligence (多重知性)理論です。

 

の理論の中核にあるのは、「知能は単一ではなく、複数ある」「人間は誰しも複数(現在は8つ)の知能を持っている。長所やプロフィールが個人によって違うように、人によってある知能が強かったり、ある知能が弱かったりする」という考え方です。人間の知能についての研究はまだ完成されているわけではありませんが、このMI理論は現在、世界各国の教育現場やビジネスの世界で取り入れられています。

 

 
8つの知能とは「対人的知能」「論理・数学的知能」「博物学的知能」「視覚・空間的知能」「内省的知能」「言語・語学知能」「身体・運動感覚知能」「音楽・リズム知能」に分類されます。

 

かし、実際に学校教育で評価されるのは、「論理・数学的知能」や「言語・語学知能」が中心です。体育や音楽で「身体・運動感覚知能」や「音楽・リズム知能」が見い出されるかもしれませんが、主要5科目に比べると一段下がったレベルです。

 

に、「学校教育で評価される」という事は、社会に出て働き始める段階まで影響するという事です。このたった二つの領域が、現代の教育制度で重要視している要素なのです。

 

「いい成績で学校を卒業し、いい会社に就職する。そうすれば将来安泰」などと言う事を信じる人は少数派になって来ていると思われますが、反面、現在の教育制度はその神話が生きていた時代のまま続いています。

 

こであなたにお伝えしたい事は、お子様の学校の成績が良かろうが悪かろうが、それは一つの尺度に基づいた評価でしかない、という事に気付いていただきたいという事です。そしてそれは、社会で生きて行く中では、全ての判断基準にはならないという事を、あなたは身を以て実感している事でしょう。

 

り返しますが、この遺伝子検査を通してお伝えしたい事は、お子様の「天才性」を見抜く判断基準を一つでも増やしていただく事。そして、それは決して遺伝子検査の結果で将来を決めるという短絡的な材料として使うのではなく、可能性を発見する一助となっていただければと願っています。

 

 

追伸

2015年1日1日、フジテレビ系列「さんタク」で、明石家さんまさんと木村拓哉さんが、弊社が提携する医療機関であるサクラアズクリニックの遺伝子検査を受けるという特集が放送されました。弊社で取り扱っている遺伝子検査と同じものです。

今回、テレビ放映を記念して、無料プレゼント企画を行う事になりました。10日(土)までの期間限定企画です。ご興味のある方は、この機会にこちらからお申込み下さい。